キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

すっごく雰囲気のいいカフェに行ったよ

道の駅・もっくる新城で五平餅と厚焼きたまごサンドを食べ、満腹になりました。(実はさらに味噌カツサンドも食べた)

食べたら運動、ですね。
息子が遊べる公演は近くにないかな、と調べたら「新城総合公園」というのがありました。
本当にすぐ近くです。

この公園にはわんぱく広場という、40過ぎてもわんぱくな私・シンに相応しい広場があります。
さて、どんなもんかと歩み寄ってみると・・・

f:id:i_like_mcc:20210206214335j:plain

なんか凄そう・・・

斜面をうまく利用した遊具の数々、どうやらこの遊具をクリアしていく過程を城攻めに見立てて設計されているようです。
戦国時代好きな私に打って付けの公園ではないか。

とは言っても今日は息子を連れてきているので、ここは分別ある大人。
息子が城を攻略できるようサポートに徹しよう。

f:id:i_like_mcc:20210206215049j:plain

途中には数々のトラップが

前まではこういうものも怖がって遊べなかったのに、いつの間にかできるようになっています。
子どもの成長はあっという間ですね。
この先の赤い筒の中を登るようになっています。

f:id:i_like_mcc:20210206215257j:plain

先回りしてパシャ、目があってニッコリ(したハズ)

こんなアトラクションをクリアしながら上に向かいます。
あとで知りましたが、登り方には「将軍ルート」「武将ルート」「忍びルート」の3通りがあって、息子のルートは忍びルートだったようです。

で目標の二の丸が近づきました。
ってなんで本丸じゃなくて二の丸が目標なんだろう?

f:id:i_like_mcc:20210206215446j:plain

この先に目標の二の丸がある

とここまで書きましたが、二の丸といってもそこはただの滑り台。
息子が攻略した瞬間の写真は収め忘れました・・・

息子はすごく楽しそうに遊んでいて、「また来ようね♪」と念押しされてしまいましたので、また来ることになるでしょうね。
桜や紅葉の季節には良さそうです。

わんぱく広場から少し見上げると塔が見えたので、せっかくだからと登ってきました。

f:id:i_like_mcc:20210206220336j:plain

RPGの世界に入ってしまったと錯覚しそうな塔

土台?を登ると十二支の石像が並んでいたりと、何か不思議な世界観。
ドラクエの主人公になったようなつもりで息を切らしながら登っていきます。

頂上に上がると長篠の街を見下ろし、周囲の山がよく見えます。
そして南の方をみると遠くに三河湾

f:id:i_like_mcc:20210206220829j:plain

見えづらいですが白く輝いているのが三河湾

大河ドラマ麒麟がくる」では完全スルーだった長篠の戦い・・・。
この辺で繰り広げられたんですよね、そして写真奥、豊橋の街の方から織田・徳川連合軍が迫ってきたんだろうな〜。
歴史のロマンを感じてしまいます。
今度は古戦場をみに来ようかな?

 

いっぱい遊んで息子も満足、でもまだ帰りません。
さっき道の駅で仕入れた情報、どうやらこのあたりにお洒落なカフェがあるらしいのです。
そこに行ってコーヒー飲んでから帰ろう。

新城総合公園から15分ほどクルマを走らせたところにそのカフェはありました。

f:id:i_like_mcc:20210206221647j:plain

大正時代の銀行建物を利用したカフェ

場所はJR飯田線三河大野駅近く、「美術珈琲 鳳来館」です。
大正時代に建てられた大野銀行をリノベーションしたカフェで、ノスタルジックな佇まいです。

普段は混んでいるそうなのですが、閉店間際に訪ねたので比較的空いていました。
娘がスヤスヤ寝ていたので女将さんに案内されたのは奥の部屋。

f:id:i_like_mcc:20210206222417j:plain

これは銀行の「応接室」・・・

なんだか不釣り合いな場所に案内され、落ち着かない。
でもお心遣いありがとうございました。

ここのコーヒーはサイフォン式。
写真も快く許可していただき、ならばと1枚撮らしてもらいました。

f:id:i_like_mcc:20210206222748j:plain

サイフォン式は見ていて楽しい

普通のコーヒーは1杯550円、私の頼んだウインナーコーヒーは600円。
1杯でこの金額だと、私の感覚では「ちょっと高め」です。

で運ばれてきたコーヒーがこちら。

f:id:i_like_mcc:20210206223144j:plain

これこそサイフォン式!

自分でコーヒーを注ぎ、砂糖・クリームをのせる楽しみ付きです。
コーヒーは約2杯分あるので、それならば600円でも高くはないですね。

f:id:i_like_mcc:20210206223421j:plain

砂糖、このまま食べたい

お店の雰囲気もよく、店員さんも丁寧で、何よりコーヒーが美味しい。
言うことなしです。
このお店にはきっとこれからも足を運ぶでしょう。
いいお店を見つけた時ってすごく得した気分に」なりますね。

鳳来館
〒441-1615 愛知県新城市大野字上野17-2
500円(平均)1,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

家から30分程度で行けるところを回りましたが、意外と魅力ある地域なんだと再認識しました。
キャンピングカーで旅するときにも道の駅で情報を仕入れて、ブラブラ街めぐりなんてしてみたいな〜と思います。

では皆さん、Have a nice day !