キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

初めてのキャンピングカー旅をしてきたよ⑤ #1 南伊豆・西伊豆

f:id:i_like_mcc:20210318000101p:plain

 

石廊崎から西伊豆を北上し今回の車中泊ポイント、道の駅・くるら戸田(へだ)に到着。

f:id:i_like_mcc:20210317221209j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317221235j:plain
西伊豆は道の駅が少なく、貴重な車中泊ポイント】

f:id:i_like_mcc:20210317221611j:plain

【こちらではゆるキャン△よりラブライブ!サンシャイン!!推し】

f:id:i_like_mcc:20210317221623j:plain

【地元の小学生画家・鈴木翔太さんの作品が並ぶ】

この道の駅は温泉付きなのが一番のポイントですね。
温泉の名も「壱の湯」、やっぱり一番なのです。

f:id:i_like_mcc:20210317222544j:plain

【温泉は21:00まで営業しているのもありがたい】

温泉に浸かる前に夕飯の準備。
炊飯器にお米をセットして完了。

f:id:i_like_mcc:20210317222739j:plain

【世界から見たらきっと不思議な日本家電の1つだろう】

実は今回のキャンピングカー選び全体を通じて一番悩んだのが炊飯器でした笑
安くても美味しく炊ける3合炊き炊飯器が欲しくて、色々なメーカーの炊飯器を調べました。
その結果、消費電力が少なく、圧力IHであることから象印のコレにしました。
ご飯は彼に任せてお風呂に向かいます。

こちらの温泉には事前に電話で確認し、備え付けのベビーバスがあるようなのでそれを借りて娘は入浴します。
お湯自体は下加茂温泉のような熱湯ではなく、ちょうどいい湯加減でした。

 

お風呂からあがりP号に戻ると炊きたてのご飯の香りが漂っています。
西伊豆町のスーパーあおきで購入したお刺身を冷蔵庫から出し、これが今日の夕飯です。

f:id:i_like_mcc:20210317224054j:plain

【外食ばかりはできないので・・・】

お刺身にはわさびですよね♪
初日の道の駅・月ヶ瀬で買った生わさびがここで登場です。

f:id:i_like_mcc:20210317225031j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317225040j:plain
【天城のわさびは美味しいです】

家の食卓のような夕飯ですが、これができると言うのもやはりキャンピングカーならではであります。

夕飯も食べ終えたので寝る準備をして、さあ今日こそ私がトントン、の出番はありませんでした。
私が娘を寝かしつけ(と言うより寝ている娘の横で寝てただけ)、カミさんがバンクベッドで息子を寝かしつけます。
息子はママと寝られたことに満足そうで、ぐずることなく寝ました。

寝る前にトイレ、と車外に出ると強者どもがいました。

f:id:i_like_mcc:20210317225833j:plain

【さすがにこの経験だけはありません】

自転車で伊豆を旅していたのでしょうか?
結構寒かったと思うのですが・・・。

ちなみにトイレには注意書きが。

f:id:i_like_mcc:20210317230102j:plain

【一泊の車中泊ならセーフ?だよね】

なるほど、だからテントを張れず軒下での野宿なんですね。
おっと、でも炊飯は調理に入るのでしょうか?
事前に許可を得ていればOK?
車内であれば問題ない?
何とも言えないので次回からは走行中に炊飯するようにします笑

 

3月15日(月)、3日目の朝を迎えました。
朝食は冷凍食品のエビドリアとヨーグルトとヤクルトではない乳酸菌飲料

f:id:i_like_mcc:20210317230806j:plain

【冷蔵庫、電子レンジがあればこそ為せる朝ごはん】

息子は隣でママが寝ていると思い安心して朝までぐっすり眠り、気持ちよさそうに「おはよう。」と起きてきました。
まあ隣で寝ていたのは私なんですけどね汗

 

朝食を終え、道の駅近くの御浜海水浴場駐車場に行ってみました。
こちらも実は隠れた車中泊ポイントらしいです。

f:id:i_like_mcc:20210317231610j:plain

【富士山を見て目覚めたい人はこちらもオススメ】

富士山を見て息子もご機嫌。

f:id:i_like_mcc:20210317231707j:plain

【子供って後ろ姿でも感情表現できるからすごい笑】

ここからは来た道を30分ほど戻り土肥に向かいます。
目的は土肥金山。

f:id:i_like_mcc:20210317231925j:plain

【日本では佐渡金山に次ぐ金山だったよう】

今回の旅で堂ヶ島クルーズ(欠航でした泣)の次に楽しみにしていた場所です。
金の匂いがプンプンして興奮冷めやらぬ私です。

f:id:i_like_mcc:20210317233139j:plain

【スコップで掘ってると思ってください】

ザック、ザック・・・金の魔力で変なポーズを取ってしまいました汗

実際の坑道跡を見学できます。

f:id:i_like_mcc:20210317232339j:plain

【実際にこんなところで働いていたら辛いだろうなぁ】
f:id:i_like_mcc:20210317232743j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317232754j:plain
【銭洗いの泉、手を浸すことでも金運アップするとか】

f:id:i_like_mcc:20210317232927j:plain

【ノゾキ、ダメ、ゼッタイ】

坑道跡を見た後は資料館が待ち構えています。
ここでは日本の金のことについていろいろ知ることができます。

f:id:i_like_mcc:20210317233417j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317233430j:plain
【威風堂々と徳川の御紋の幌がなびく千石船の模型】

ここで一番の注目はコレ。

f:id:i_like_mcc:20210317233919j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317233939j:plain
【世界一の金塊、約17億円相当!】

何と17億円を触ることができます。

f:id:i_like_mcc:20210317234102j:plain

【下からはちゃっかり息子の手が伸びる】

 

資料館を過ぎると土肥金山のクライマックス、砂金採りです。

f:id:i_like_mcc:20210317234237j:plain
f:id:i_like_mcc:20210317234303j:plain
【これがしたくてここに来た、平日朝なのでガラ空き】

f:id:i_like_mcc:20210317234403j:plain

【金にくらむ哀れな男の姿】

制限時間は30分、一心不乱に金を探します。
なんせ金に弱い私なので息子の世話など一切せず、30分間全集中で金を探し続けました。

 

そして採った金は、

f:id:i_like_mcc:20210317234730j:plain

【輝く物体は紛れもなく金!】

8粒。

 

一攫千金の夢は絶たれました。

真面目に働こう、そしてP号のローンを返そう。

 

今では閉山してしまった土肥金山ですが、当時はゴールドラッシュで賑わっていたのでしょう。
今の土肥の様子からは想像できませんが。
でもそんな歴史ロマンを感じられる施設でした。

 

今日はここまで、そして次回が南伊豆・西伊豆の旅の最終回です。(場所は中伊豆ですが)

では皆さん、Have a nice day !